全国大学かるた連盟規則

第一章  総則

第一条 本連盟は全国大学かるた連盟と称する。

第二条 本連盟は本部を会長宅に置く。

第三条 本連盟は全日本かるた協会に所属し、伝統あるかるた競技を愛好する大学かるた会間相互の親睦を深め、かるた道を究めるとともに、大学かるた会の発展に寄与することを目的とする。

第二章  組織

第四条 

1)本連盟は、前条の目的に賛同する全国の大学に在学する学生によるクラブ、同好会等をもって構成する。

2)前項に定めるクラブ、同好会のない大学、短期大学、その他総会において加盟が認められた大学・専門学校・専修学校などに在学する学生は、本連盟に準加盟することができる。


第五条 本連盟に加盟を希望する大学、及び準加盟を希望する学生は、大学名、代表者名(準加盟においては氏名)、連絡先を記し、別に定める会費を添えて本部に申し込むものとする。

第六条 各地区の加盟校の合意によって支部を設置することはこれを妨げない。

第三章  総会

第七条 総会は本連盟に関する重要事項を決議する最高機関であり、本連盟役員、各加盟校の代表者、各地区支部の代表者によって構成する。議長は会長がこれを指名し総会の承認を得るものとする。

第八条 総会は最低年一回開催されるものとし、会長の名において招集する。

第九条 総会の定足数は加盟校総数の三分の一以上の加盟校の出席又は委任状とする。

第十条 総会に欠席する加盟校は委任状を会長に送付するものとする。

第十一条 総会は出席加盟校の過半数を以って議決される。ただし、可否同数の場合は議長の決するところによる。

第十二条 総会は次の事項を審議、議決する。

1)本連盟の運営に関する重要事項、活動計画及び運営の基本方針

2)本連盟の活動報告及びこれらの承認

3)会計年度の予算、決算及びこれらに関すること

4)役員の承認及び改選

5)規則、制度の制定、改廃に関すること

6)その他本連盟の運営に関して特に総会での議決が必要と認められる事項


第十三条 

1)会長は必要と認められるときには臨時総会を招集することができる。

2)加盟校の三分の一以上の要請があったときには会長は臨時集会を招集する。


第四章  役員

第十四条 本連盟には次の役員を置く。
 会長一名
 副会長二名
 会計一名
 会計監査一名

第十五条 役員は次の任務を遂行する。

1)会長は本連盟を代表し会務を統括する。

2)副会長は会長を補佐し、会長事故あるときはその職務を代行する。

3)会計は会費その他の収入及び支出を管理する。

4)会計監査は会計を監査する。


第十六条 役員の任期は一年とする。ただし再任を妨げない。

第十七条 役員は前任者の推薦により選出する。

第十八条 会長は必要に応じて局を、また必要に応じて局内に係を設置することができる。

第十九条 会長はその推薦により、総会の承認を得て、名誉会長、顧問及び相談役を置くことができる。名誉会長、顧問、相談役は総会において発言権を有するが、議決権は有しない。

第五章  事業

第二十条 第三条の目的を達成するため大会を開催する。競技は(社)全日本かるた協会競技規定及び競技会規定による。大会運営規定はこれを別に定める。

第六章  会計

第二十一条 会費はこれを別に定める。

第二十二条 会計年度は四月一日より翌年三月三十一日までとする。



附則
第一条 規則の改正は全ての加盟校が発議でき、総会で出席構成員の三分の二以上の承認により可決する。
第二条 役員任期は原則として四月一日より翌年三月三十一日までとする。
第三条 本規則は平成二十三年四月一日より施行される。


以上
▲ページの先頭へ